2015/11/09 16:23:09 | 2011

京都といえば、東京と並ぶ世界に知られている観光都市であります。その京都を観光していて気が付くことといえば、着物散策をしている人が多いということです。これは、レンタル店にて着物を借りて、着付けをしてくれるというサービスです。着物姿に変貌を遂げた観光客は、そのまま京都の町を散策することができます。

 

私個人も、京都の清水寺へ観光をした際は、着物姿に身を包んだ観光客の方をよく見かけました。そして他にも気が付いたことといえば、意外と若年層の利用者が多いということです。着物といえば、何となく年配の方が好むものというイメージがあったので、意外性を感じました。

 

それ意外でも、このサービスは外国人観光客にも人気だそうです。私も、欧米人風の観光客が着物を着て、京都を散策しているのをみたことがあります。事実、外国人からすればやはり日本の伝統文化を感じるために、訪れている人が多いと思います。

 

そんな中、着物はやはり日本を代表する文化工芸品なので、外国人に直で日本のすばらしさを伝えられるものではないでしょうか。そのように着物の美しさが、世界の人々との架け橋となることはやっぱりすばらしいことだと私は考えています。私もいつかは、着物をレンタルして京の文化を感じながら、観光や散策をしてみたいです。

2015/08/14 15:11:14 | 2011

着物買取業者に不用になった和装品を出す時は、高く買取して貰うのに越した事はないので、インターネットの口コミ比較サイトで信頼できる査定業者を調べて商品を引き渡すのが鉄則になります。
良質な査定業者を見極めるポイントとしては、先ず営業年数に対しての鑑定実績数や買取成約率、出張査定で手配される鑑定員の手腕なども口コミで情報を収集しておきたいところです。
特に有名作家の作品や希少価値のある古いデザインの着物を多く買い取っている履歴のある査定業者は、それなりに資金に余裕があり、海外などにも販路を大きく持っている可能性が高いので、高額買取を狙いたい人は要チェックの会社です。
そして売ろうと思っている着物に対して更に付加価値を加えたい時は、購入時に付属されていた保証書や生地の切れ端なども探して用意し、一緒に揃えて査定業者に出すと鑑定員への印象もアップするので、なるべく良質な保存状態を保つのがマナーです。
又、着物と一緒に着用する足袋や髪飾り、下駄などの小物を多く所持している人は、更に一緒に買取業者に提出すると、まとめ買いで査定額も上がるので、無くさないように持っておいた方が良いです。
着物の買取業者はインターネットも含めて今は無数に存在するので、なるべく口コミ比較サイトで上位を占めている業者中心に査定に出す店選びをするのがお勧めになります。